アウトバウンドテレマーケティングを代行してもらう3つのメリット|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
営業マン

効率的な営業活動を行い、売り上げをアップさせるための手法としてアウトバウンドテレマーケティングが注目されています。テレマーケティングを行う方法としては、自社内で行う方法と専門の業者に代行してもらう方法があります。今回は、アウトバウンドテレマーケティングを代行してもらうメリットと、代行を依頼する際の注意点についてまとめてみました。

 

営業を効率化できるアウトバウンドテレマーケティングとは

 

テレマーケティングとは、電話を使ったマーケティング活動のことです。アウトバウンドとは顧客や見込客に電話をかけることで、顧客から注文や問い合わせの電話を受けるインバウンドと区別されます。業種や企業によっても多少異なりますが、従来のBtoB営業プロセスは次のように行われてきました。

営業マンがテレアポや飛び込みで面談の機会を得て商談を重ね、提案やプレゼンを行ってクロージングし、成約につなげるというものです。しかし、すべてのプロセスを1人の営業マンが担当するこの営業手法は効率の悪いものとなってきました。

営業マンは顧客との面談や提案の準備のために忙しく、見込客の発掘や育成はついつい後回しになりがちです。また、スキルの高い営業マンにテレアポや飛び込みを担当させるのは、もったいないともいえるでしょう。そこで、テレマーケティングを導入して見込客の発掘や育成はテレマーケティングが担当し、購買意欲の高まった顧客との面談や提案、クロージングを営業マンが担当する方法が注目されているのです。

 

テレマーケティングで見込客との良好な関係を築きながらニーズを高め、購買意欲が高まった時点で面談する営業マンに引き継ぎます。営業マンが面談する相手は成約可能性の高い見込客ばかりですので、成約率も高まり売り上げアップも期待できるでしょう。アウトバウンドテレマーケティングを導入することによって営業が効率化され、売り上げアップ、業績アップにつながるのです。

 

メリット1:蓄積されたノウハウと高いスキル持ったスタッフを活用できる

 

テレマーケティング代行業者には、高いスキルを持ったスタッフが揃っています。電話での会話は顔が見えないだけに、話し方一つで大きく印象が変わります。1本の電話がクレームの元になったり、会社の信用を損なう原因になったりすることもあるのです。また、事前にシナリオを準備していても、会話は生きものですので臨機応変に対応する柔軟さが求められます。このような対応を自社内で行おうとすると、まず人材を確保して教育・研修をしなければなりません。これには大変な手間とコストがかかりますし、教育・研修といっても何をどうして良いかわからないというのが実状でしょう。

 

また、代行業者には長年蓄積されたテレマーケティングのノウハウがあります。担当者までたどり着くためのノウハウや、成約につなげるまでのノウハウが、業種や目的別に揃っているのです。

例えば、販売する商品や見込客の状況によってもアプローチの内容は変わってくるでしょう。状況に応じたトークスクリプトの内容や話し方など、自社内でノウハウを蓄積しようとしたら何年もかかってしまいます。このように、高いスキルを持った人材と長年培われたノウハウをすぐに活用できるのが、アウトバウンドテレマーケティングを代行業者に依頼する大きなメリットです。

 

 

メリット2:設備投資や場所を確保する必要がない

 

自社内でテレマーケティングを構築しようとすると、コールセンター的な部署を新たに設ける必要があります。当然、専用機材を導入するための設備投資が必要になりますし、そのための場所も確保しなければなりません。電話回線やネット回線の工事、電話機や机の購入、必要な場合には建物の建築など、莫大な費用がかかってしまいます。さらに、導入した後は維持管理をする手間も必要です。毎月のメンテナンスや故障などによるトラブルも想定しておかなければなりません。このように、自社内にテレマーケティングを導入しようとすると思いの外手間がかかるものですし、実際に稼働するまでには相当の時間も必要になるでしょう。スピードが要求される営業活動において、この時間は大きな損失ともいえます。

 

また、一旦導入してしまえば、思うような結果が出ないからといって途中でやめることは難しいでしょう。利益を生み出すはずの設備が、かえって足かせになることもあるのです。そのため、自社内への設備投資は大きなリスクを伴います。これを代行業者に依頼すれば、短期間・リスクなしでアウトバウンドテレマーケティングがスタートできるようになるのです。

 

 

メリット3:イニシャルコストなし!ランニングコストも抑えられる

 

アウトバウンドテレマーケティングの設備を自社内に導入しようとすると、大きなイニシャルコストがかかります。また、維持管理するためのランニングコストも必要です。そして、何よりも大きいのがスタッフの人件費です。スタッフを採用すれば直接的な人件費はもちろん、給与計算や税務計算の手間、福利厚生、光熱費などの負担も増えます。

 

例えば、繁忙期と閑散期ではテレマーケティング部門の仕事量も違ってくるでしょう。繁忙期に合わせてスタッフを採用すれば無駄な人件費を支払うことになりますし、閑散期に合わせてスタッフを採用すれば後々スタッフの調整が必要になります。

 

しかし、代行業者に依頼すればこのような問題も起こりません。その時期の業務量に合わせてアウトソーシングする量を変えればいいだけです。結果として、無駄な人件費が発生することもなく効率的なテレマーケティングが可能になります。代行業者に依頼すれば大きなイニシャルコストがかかることもありませんし、ランニングコストも抑えることができます。運用コストを最小限に抑えながら売り上げを伸ばすために、効果的な営業活動が可能になるのです。

 

 

代行を依頼する際に注意すべきポイントは?

 

アウトバウンドテレマーケティングを代行業者に依頼することで営業活動を効率化し、売り上げを大きく伸ばすことが可能です。

特に、「新規開拓ができない」「見込客を成約までつなげられない」などの悩みがあったら、テレマーケティングのアウトソーシングを検討してみることをおすすめします。しかし、一口に代行業者といってもその業者によって得意な業種や分野は違ってきます。そのため、どの代行業社を選択するかを検討する前に、自社の課題を洗い出しておくことが重要です。

 

テレマーケティングをアウトソーシングすることでどんな問題を解決したいのか、どんな効果を得たいのかを明確にしたうえで、複数の代行業者に相談してみましょう。そのうえで、提案内容やコストを比較検討し、最適な業者を選択することが大切です。アウトバウンドテレマーケティング代行業者をうまく活用して、業績アップにつなげていきましょう。

 

【関連記事】

営業を効率化させて売り上げを飛躍的に伸ばすアウトバウンドテレマーケティングとは?

こうすれば安定的に新規顧客を獲得できる!法人営業の新規開拓戦略とは?

コールセンターアウトソーシング費用でチェックしておきたい3つのポイント

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BtoB専門のテレアポ代行のご案内

弊社は従量課金のテレアポ代行を承っております。
お客様の営業状況をヒヤリングし、テレアポのリスト作成からテレアポの施策提案・改善などご支援致します。

  • soraプロジェクトのテレアポ代行サービス

  • ・平均アポ率4.6%

  • ・コールスタッフの平均勤務年数3年10ヶ月以上

  • ・約700万社の企業リストデータベースを無料で利用可能


テレアポ代行の料金詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*