テレアポ代行の選び方資料DL
テレアポ代行の選び方資料DL

インサイドセールスにセミナーを活用するメリット4つ。開催手順も解説

インサイドセールスにセミナーを活用するメリット4つ。開催手順も解説

インサイドセールスでセミナーを活用できるかな?
インサイドセールスでセミナーを活用する方法が知りたい。

近年ビジネス界隈では、インサイドセールスに注目が集まっているのはご存知でしょうか。

効率よくビジネスを拡大していく上で、インサイドセールスは大きな要となります。

そしてインサイドセールスでは、セミナーを活用することでビジネスを加速させることができるのです。

そこで今回は、インサイドセールスでセミナーを開催するメリットから、開催する手順までを解説していきます。

インサイドセールス代行お役立ち資料ダウンロード

インサイドセールスにはセミナーが有効です

インサイドセールスにはセミナーが有効です

冒頭でもお話ししましたが、インサイドセールスにはセミナーが有効です。

インサイドセールスにセミナーが有効な理由を解説していきます。

インサイドセールスとは

インサイドセールスにセミナーが有効な理由をお話しする前に、そもそもインサイドセールスとは何かをおさらいしましょう。

インサイドセールスとは、従来の営業とは異なり、相手先を訪問しない内勤型の営業スタイルです。

遠隔で営業やリードナーチャリングを行うことができるため、効率よくビジネスを拡大することができます。

インサイドセールスにメリットについて詳しく知りたい方にはこちらの記事がおすすめです。

関連記事:インサイドセールスとは?意味やメリット、指標やツールなど網羅的に解説

インサイドセールスにセミナーが有効な理由

それでは、インサイドセールスにセミナーが有効な理由を解説していきます。

インサイドセールスにセミナーが有効な理由はずばり、成約率が高い見込み顧客のリードを手に入れることができることです。

このように、インサイドセールスにはセミナーを活かすことができるため、積極的に取り入れていきたいです。

リード獲得にはWebセミナー・ウェビナーも活用しよう

セミナーはリードを獲得するのにとても有効な手段です。

そして、Webセミナーやウェビナーを利用することで、さらに効率的にリード獲得することができます。

Webセミナーやウェビナーであれば、場所を問わず全国・全世界からリードを獲得することもできます。

また、録画した動画を流すことで、コストを抑えてリードを獲得することも可能です。

インサイドセールスにおいてリード獲得はとても重要な部分なので、ぜひWebセミナー・ウェビナーを活用してみましょう。

インサイドセールスでセミナーを行うメリット4つ

インサイドセールスでセミナーを行うメリット4つ

続いてインサイドセールスでセミナーを行うメリットについて解説していきます。

インサイドセールスでセミナーを行うメリットは、以下の4つになります。

  • 見込み客リストを獲得できる
  • リードナーチャリングが可能
  • Webセミナー・ウェビナーなら世界中が見込み顧客に
  • クロージングまでの期間を短縮できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

見込み客リストを獲得できる

インサイドセールスでセミナーを行うメリット1つ目は、見込み顧客リストを獲得できることです。

インサイドセールスは見込み客リストに対して営業を行います。

そのため、成約率が高い良質な見込み顧客を獲得できれば、成果を高めることができます。

そもそもセミナーは、自社の製品・サービスに興味がある人が参加するため、質の高い顧客リストを獲得できます。

見込み顧客リストを効率よく獲得できることは、メリットの1つと言えます。

リードナーチャリングが可能

インサイドセールスでセミナーを行うメリット2つ目は、リードナーチャリングが可能ということです。

リードナーチャリングとは、獲得した見込み顧客を育成(購入意欲を高める)して、将来的な受注に繋げるマーケティング手法です。

リードナーチャリングをすることができれば、効率よく見込み顧客を顧客へと成長させることが可能です。

リードナーチャリングを効率よく行えることはセミナーの大きなメリットです。

関連記事:リードナーチャリングとは?意味と手法をおさらいしてインサイドセールスの基本を再確認

Webセミナー・ウェビナーなら世界中が見込み顧客に

インサイドセールスでセミナーを行うメリット3つ目は、世界中が見込み顧客になることです。

先述しましたが、Webセミナーやウェビナーは場所を問わず行うことが可能です。

今まで物理的な距離で見込み顧客になり得なかった人や企業を、見込み顧客にすることができます。

世界中を見込み顧客にできるインサイドセールスのWebセミナー・ウェビナーはとても魅力的です。

クロージングまでの期間を短縮できる

インサイドセールスでセミナーを行うメリット4つ目は、クロージングまでの期間を短縮できることです。

セミナーを行うことで、リードナーチャリングを行うことができます。

その結果、顧客が自社の製品・サービスに興味を持っている状態のため、必然的にクロージングまでの期間が短くなります。

クロージングまでの期間を短縮することができれば、効率的に契約を取ることができるでしょう。

クロージングまでの期間を短縮できることもメリットの1つとして間違いないです。

インサイドセールスのセミナー成果はツールで最大化が可能

インサイドセールスのセミナー成果はツールで最大化が可能

インサイドセールスのセミナーの成果は、ツールを利用することで最大化することが可能です。

具体的には以下の3つのツールを利用します。

  • MAツール
  • CRMツール
  • SFA

それぞれのツールの特徴や導入のメリットを解説していきます。

ツールの導入にはコストや手間もかかりますが、それ以上の効果も期待できます。

MAツール

インサイドセールスのセミナーの効果を最大化するツール1つ目は、「MAツール」です。

MAツールとは、マーケティングオートメーションの略で、新規顧客獲得におけるマーケティング活動を、可視化したり自動化したりするツールです。

MAツールを利用することで、最適なタイミングで最適な方法で見込み顧客にアプローチが可能になります。

関連記事:インサイドセールスに必須なMAツールの機能と活用方法7選!

CRMツール

インサイドセールスのセミナーの効果を最大化するツール2つ目は、「CRMツール」です。

CRMツールは顧客管理ツールです。

具体的には、顧客の個人情報や購入履歴、問い合わせやアンケート結果などを管理します。

CRMツールを利用することで、顧客との良好な関係を構築することが可能になります。

関連記事:自社が重視すべきCRMの機能は?顧客との関係性を高めるCRMシステム活用法

SFA

インサイドセールスのセミナーの効果を最大化するツール3つ目は、「SFA」です。

SFAとは、セールス・フォース・オートメーションの略で、営業活動の支援・効率化ができるツールです。

SFAを利用することで、見込み顧客に関する情報(過去の営業活動履歴や状況)などを記録し、可視化することができます。

属人化しやすい営業活動においても、チームで情報を共有することが可能になります。

関連記事:SFAにはどのような機能が搭載されているのか?選び方も解説!

インサイドセールスでセミナーを開催する手順

インサイドセールスでセミナーを開催する手順

次に、インサイドセールスでセミナーを開催する手順を解説していきます。

セミナーを開催する手順は以下の通りです。

  • 企画を考える
  • コンテンツを作成する
  • 映像・音声機器の準備
  • 開催方法や通信環境の決定
  • 集客を行う
  • セミナーの実施

セミナーを開催する手順は6つです。

この手順に沿うことでセミナーを開催することができるようになります。

企画を考える

インサイドセールスでセミナーを開催するにはまず、企画を考えましょう。

どのようなターゲットへどのような内容のセミナーをして、どうマネタイズするかを考えましょう。

セミナーにおいて、企画を考えることが最も重要だと言っても過言ではありません。

企画段階で的外れなものだった場合、セミナーは成功しません。

インサイドセールスでセミナーを開催する場合は、入念に企画を考えましょう。

コンテンツを作成する

インサイドセールスでセミナーを開催する手順2つ目では、コンテンツを作成していきます。

コンテンツは、考えた企画に沿って作り込んでいきましょう。

一度作成したコンテンツは使い回す場合もありますので、出来るだけ質を高めらるように作成することが重要です。

ターゲットがどのような情報を求めているかや、どのような意図でセミナーに参加してくるかを考えましょう。

そうすることで必要なコンテンツが見えてくるはずです。

映像・音声機器の準備

インサイドセールスでセミナーを開催する手順3つ目では、映像・音声機器を準備しましょう。

主に、セミナーで必要な映像・音声機器は以下の通りです。

  • 照明
  • カメラ
  • マイク

インサイドセールスでセミナーを開催するには、映像・音声機器は必須ですので、余裕を持って準備しておきましょう。

開催方法や通信環境の決定

インサイドセールスでセミナーを開催する手順4つ目では、セミナーの開催方法や通信環境を決めましょう。

Webセミナー・ウェビナーにおすすめの通信サービスは以下の通りです。

  • Google Meet
  • ZOOM
  • Microsoft Teams

それぞれ特に大きな特徴の違いはありませんが、セミナーの内容やターゲットに応じて選びましょう。

集客を行う

インサイドセールスでセミナーを開催する手順5つ目では、集客を行いましょう。

セミナーを開催する目的は、リード獲得にあると思います。

ですが、セミナーに見込み顧客が来てくれなかったら、リードを獲得することができません。

そのため、集客を行い、見込み顧客を集めましょう。

インサイドセールスでセミナーに集客する主な方法は以下の通りです。

  • 見込み顧客リストへメール・電話告知
  • オウンドメディアで告知
  • SNSで告知
  • Web広告を配信
  • セミナー情報サイトへ掲載

上記を参考にして、自社に合う集客方法でセミナーに集客しましょう。

セミナーの実施

インサイドセールスでセミナーを開催する手順6つ目では、いよいよセミナーを実施します。

企画段階でしっかり考えたセミナーは成功するでしょう。

反対に、企画段階で考えが甘い場合は、思ったよりセミナー参加者が少なかったり、想定ターゲットではない人の参加があったりします。

つまり、インサイドセールスでセミナーを開催して多くのリードを獲得するには、企画を綿密に練る必要があるのです。

是非、自社のインサイドセールスでセミナーを実施して、多くのリードを獲得しましょう。

まとめ:インサイドセールスでセミナーを開催して、商談を獲得しよう

まとめ:インサイドセールスでセミナーを開催して、商談を獲得しよう

インサイドセールスでセミナーを開催すると、様々なメリットがあることをお分かりいただけたと思います。

一方でセミナーを開催するためには、コストや手間がかかってしまいます。

とはいえ、インサイドセールスでセミナーを開催することで得られるメリットも大きいため、積極的に実施していきましょう。

インサイドセールス代行資料ダウンロード

インサイドセールス代行お役立ち資料ダウンロード

資料をダウンロードする