テレアポ代行の単価相場はいくら?【アポ獲得単価を抑える3つのコツ】

テレアポ代行の単価相場はいくら?【アポ獲得単価を抑える3つのコツ】

「テレアポ代行の単価相場ってどのくらい?」
「テレアポ代行の単価を抑えるコツが知りたい」

自社によるテレアポで思うようにアポ獲得ができなくて、悩んではいませんか?

テレアポのノウハウが自社に無く、成果を出せない企業は多いです。

そのような状況なら、テレアポのスペシャリストに代行業務を依頼することで、効率的にアポ獲得をすることができます。

しかし、テレアポ代行は費用がかかります。

そこで今回は、テレアポ代行の単価相場から、アポ獲得単価を抑える3つのコツまでを解説していきます。

併せて、自社に合うテレアポ代行会社の選ぶポイント4つも解説しています。

この記事を読むことでテレアポを効率的に行い、アポ取得数を増加させることができるでしょう。

テレアポ代行会社の選定基準とは?お役立ち資料ダウンロード

テレアポ代行の単価相場

テレアポ代行の単価相場

それでは早速、テレアポ代行の単価相場について解説していきます。

まず前提として、テレアポ代行には以下の2種類の課金制度が存在することを理解しておきましょう。

  1. コール型課金
  2. 成果型課金

それぞれのテレアポ代行の課金制度は、特徴が異なります。

自社に合う課金制度を選ぶことで、より効率的にアポ獲得をすることができます。

コール型課金

テレアポ代行の課金制度1つ目は、「コール型課金」です。

コール型課金とは、電話をかけた回数に対して料金が発生します。

コール型課金の特徴としては、少ない架電回数でアポ獲得することができれば、アポ獲得単価を抑えることができる点が挙げられます。

しかし、デメリットとしてアポが獲得できないと、コストを垂れ流しにしてしまうリスクがあります。

テレアポ代行会社によって費用は異なりますが、1コールあたり100円〜120円程度です。

成果型課金

テレアポ代行の課金制度2つ目は、「成果型課金」です。

成果型課金とは、アポを1件獲得するごとに成果報酬を支払う料金体系になります。

成果型課金の特徴としては、アポ取得できない場合は料金が発生しないという点が挙げられます。

しかし、その分1件あたりの成果報酬の金額は高くなる傾向があります。

アポ1件あたりの平均相場は、10,000円〜15,000円程度です。

結論、どちらの課金制度がおすすめ?

「テレアポ代行の獲得単価の相場は分かったけど、どちらの課金制度がおすすめなの?」

結論、お得なキャンペーンや、豊富な実績など顧客の目を引くことができる商品やサービスなら「コール型課金」がおすすめです。

一方で、あまり商品に目立った特徴やキャンペーンを用意できない場合は、成果型課金の方がテレアポ代行の獲得単価を抑えることができます。

サービスや商品によって合う課金制度が異なります。

自社に合うテレアポ代行会社を選ぶことによって、アポ取得単価を抑えることが可能です。

テレアポ代行のアポ獲得単価を抑える3つのコツ

テレアポ代行のアポ獲得単価を抑える3つのコツ

続いて、テレアポ代行のアポ獲得単価を抑えるコツを解説していきます。

テレアポ代行の単価を抑えるコツは以下の3つです。

  1. テレアポのリストは自社で用意する
  2. 自社に合った代行会社を見つける
  3. トークスクリプトを更新する

こちらのコツを押さえることで、テレアポ代行の単価を抑えて、効率良くアポを獲得していくことができます。

テレアポのリストは自社で用意する

テレアポ代行の単価を抑えるコツ1つ目は、「テレアポのリストは自社で用意する」ことです。

なぜなら、自社でリストを用意した方が、獲得率が向上する可能性が高いからです。

テレアポ代行会社がテレアポのリストを用意してくれることもありますが、ターゲットではない企業や、ターゲットから遠い企業が含まれている可能性があります。

そのため、テレアポのリストを自社で用意することによって、より精度の高いターゲティングが可能です。

自社に合った代行会社を見つける

テレアポ代行の単価を抑えるコツ2つ目は、「自社に合った代行会社を見つける」ことです。

自社に合った代行会社を探すポイントは、自社の業界に精通しているかや、実績があるのかをまず確認しましょう。

自社の業界に知見があれば、獲得単価を抑えてテレアポを行うことができます。

また、課金制度やサービス料金なども、自社と合うかどうかを確認しましょう。

トークスクリプトを更新する

テレアポ代行の単価を抑えるコツ3つ目は、「トークスクリプトを更新する」ことです。

テレアポを開始する前には、自社やテレアポ代行会社がトークスクリプトを作成します。

トークスクリプトは作って終わりではいけません。

定期的にトークスクリプトの良し悪しを判断し、更新してくことが大切です。

トークスクリプトをより良いものへアップデートしていくことによって、アポ獲得率が向上し、テレアポ代行の単価を抑えることができます。

テレアポ代行を利用するメリット・デメリット

テレアポ代行を利用するメリット・デメリット

ここまで、テレアポ代行の単価相場や単価を抑えるコツについて解説していきました。

続いて、テレアポ代行を利用するメリット・デメリットを解説していきます。

テレアポ代行を活用することでアポ獲得数を増加させるメリットはありますが、デメリットと言われる部分もあります。

メリット・デメリットを理解して、上手にテレアポ代行を利用して単価を抑えましょう。

メリット

テレアポ代行を利用するメリットは以下の通りです。

  • アポ獲得数が増加する
  • アポ獲得単価を抑えられる
  • リソースを確保できる

まず第一に、テレアポ代行を利用するメリットとして、アポ獲得数が増加し、アポ獲得単価を抑えられることが挙げられます。

また、テレアポを外注することによってリソースを確保できるメリットもあります。

デメリット

テレアポ代行を利用するデメリットは、以下の通りです。

  • テレアポ代行の外注コストがかかる
  • 営業ノウハウを自社で獲得できない
  • 代行会社によって成果が大きく変わる

テレアポ代行のデメリットは、外注コストがかかってしまう点です。

また、代行会社によって成果が大きく変わってしまうため、会社選びがとても重要です。

自社に合うテレアポ代行会社を選ぶポイントについては、後述していますので安心してください。

そして、テレアポを外注することによって営業ノウハウを自社に蓄積できないデメリットも忘れてはなりません。

とはいえ、自社に合うテレアポ代行会社を見つけることができれば、効率良くアポ獲得ができ、自社のビジネス拡大に大きく貢献するのは事実です。

自社に合うテレアポ代行会社を選ぶポイント4つ

自社に合うテレアポ代行会社の選ぶポイント4つ

何度も言いましたが、テレアポ代行で効率よくアポを獲得するには、自社に合うテレアポ代行会社を選ぶ必要があります。

ですが、どの会社が自社に合っているかを判断しづらい方もいるでしょう。

そこで、自社に合うテレアポ代行会社を選ぶポイントを4つ解説します。

  1. 実績はあるか
  2. 営業担当はいるのか
  3. 改善する体制は整っているか
  4. 料金体制は自社に合うか

それぞれのポイントを解説していきます。

実績はあるか

テレアポ代行に依頼する際には、その会社に十分な実績があることを確認しましょう。

実績のない会社にテレアポ代行を依頼してしまうと、アポ獲得単価が高騰してしまう可能性があります。

また、見るべきポイントとしては、自社のサービスや商品のジャンルの実績があるかどうかを確認すると良いです。

テレアポ代行会社を選ぶ際には、必ず実績を確認しましょう。

営業担当はいるのか

自社に営業担当がついてくれるテレアポ代行会社を選ぶようにしましょう。

営業担当がついてくれる会社の場合、様々なやりとりをスムーズに行うことができるため、効果改善等もスピーディに行うことが可能です。

つまり、効率よくアポ獲得をすることができます。

反対に、営業担当がいないとPDCAを回す速度が遅くなってしまいます。

営業担当がついてくれるのかを確認するようにしましょう。

改善する体制は整っているか

テレアポ代行会社に効果改善する体制は整っているかを確認しましょう。

具体的には、トークスクリプトを更新し、電話の繋がりやすい時間や曜日などを提案してくれる会社を選びましょう。

そうすることで、次第にテレアポの成果が向上していき、ビジネスの拡大に繋がるはずです。

料金体制は自社に合うか

そして、一番大切なことですが、料金体制は自社に合うのかを確認しましょう。

先述しましたが、「コール型課金」や「成果型課金」など、会社によって異なりますので、自社に合うかどうかを確認してください。

また、初期費用がかかったり、トークスクリプトの改善費がかかったりする場合もあるので、自社の予算等も考慮し選びましょう。

アポ獲得単価を抑えたいなら弊社にお任せ下さい

アポ獲得単価を抑えたいなら弊社にお任せ下さい

「思うようにアポが獲得出来ない、、」
「アポ獲得単価を抑えたい、、」

そのような悩みは弊社が解決致します。

私たち、soraプロジェクトはアポ獲得単価を抑えるノウハウを最大限に活かし、アポ獲得単価を抑え、貴社のビジネス成長に貢献することができます。

弊社の特徴や実績をご紹介致します。

soraプロジェクトの特徴

soraプロジェクトは、法人営業専門のテレアポ代行を行っています。

業歴14年の代行実績と250万件のコールデータをもとに、確度の高いアポイントをご提供致します。

手あたり次第のテレアポではなく、独自データベース×経験値をフル活用したテレアポを行います。

トークスクリプトの設計はもちろん、営業戦略の提案や策定を行い、高速にPDCAを回して最効率で確度の高い見込み顧客を獲得可能です。

soraプロジェクトの実績

soraプロジェクトの実績をご紹介します。

  • 業歴:14年
  • コールスタッフの平均勤続年数:4年1ヶ月
  • コールデータ:250万件

業界に精通した経験豊富なスタッフが在籍しているため、商品やサービスの需要の有無を判断したり、商談のタイミングを見据えて見込み客を狙い撃ちしたりし、無駄な営業工数を削減できます。

法人営業に特化したテレアポ代行会社だからこそ、確度の高い見込み顧客を効率的に獲得できます。

soraプロジェクトができること

soraプロジェクトは、蓄積された独自のデータベースや、成果直結の成功体験をもとにしたコンサルティング力を活かすことで、以下のように貴社のビジネス成長に貢献致します。

  • 経験豊富なスタッフがトークスクリプトの作りから手厚くサポートします
  • 弊社の独自企業リストからコールリストをご提案します
  • 売上に直結する確度の高い見込み客をご提供します

電話をプロに代行することで、営業はクロージングに専念でき、売り上げや成約率を向上させることが可能です。

まとめ:テレアポ代行でアポ獲得単価を抑えましょう

まとめ:テレアポ代行でアポ獲得単価を抑えましょう

テレアポが上手くいかず、思うようにアポ獲得ができていないのなら、テレアポ代行を検討しましょう。

テレアポ代行会社は、テレアポのノウハウが蓄積されたスペシャリストであり、自社のビジネスを成長する上で大事なカギを握っています。

ですが、自社に合ったテレアポ代行会社を選ばなければ、思ったよりもコストが掛かってしまったり、質の低い見込み顧客を渡されたりします。

是非、自社にぴったり合うテレアポ代行会社を活用して、アポ獲得単価を抑えましょう。