【即効果あり】「電話営業がつらい…」を解消する5つの方法

【即効果あり】「電話営業がつらい…」を解消する5つの方法

「電話営業がつらい…」
「電話営業がつらくて毎日が憂鬱。」

電話営業は相手から冷たくされたり、怒られたりして”つらい”と感じている方が多いのではないでしょうか?

企業側からすると、顧客を獲得するために電話営業は有効な営業手段ということに間違いはありませんが、ストレスを感じている人が多いのも事実です。

電話営業がつらくて、精神を削られてばかりでは毎日ネガティブな気分になり、仕事にも身が入らなくなってしまう悪循環に陥ってしまう可能性が高いです。

そこで今回は、「電話営業がつらい…」を解消する5つの方法をご紹介します。

この5つの解消方法はどれも即効性があり、すぐに効果を実感して頂けると思います。

電話営業から今まで感じていたらつらさが解消・軽減することを感じて下さい。

はじめての営業代行-虎の巻-

電話営業がつらいと感じる4つの理由

電話営業がつらいと感じる【4つの理由】

それではまず、電話営業がつらいと感じる4つの理由について整理していきましょう。

電話営業がなぜつらいと感じてしまうのかを理解しておくと、対処法や解決策が見えてくるようになります。

それではつらいと感じる理由について詳しく解説していきます。

電話営業がつらいと感じる理由1:相手の態度が冷たい

電話営業がつらいと感じる理由1つ目は、「相手の態度が冷たい」ことです。

基本的に相手側はウンザリするほど電話営業を受けていることを想定して良いでしょう。

「また営業電話か、めんどくさいなぁ」

という風に相手は、あなたに対してではなく、電話営業自体に嫌悪感を抱いている可能性が高いです。

相手の気持ちを考えると、1日に何回も必要の無い営業電話を受けていたら、ウンザリしてしまうのも納得ですよね。

相手の態度が冷たいと気持ち的に萎えてしまいがちですが、冷たい態度を取られてしまうことは想定しておくことで、必要以上に気にしてしまうことをやめましょう。

電話営業がつらいと感じる理由2:怒られる。たまに罵声も

電話営業がつらいと感じる理由2つ目は、「相手から怒られる場合がある」ことです。

実際、電話営業をしていると相手に怒られてしまうことがあります。

その理由としては、「相手が忙しいタイミングだった」、または「電話営業にウンザリしていた」、「あなたの対応が悪かったこと」などが挙げられます。

あなたがどれだけ注意していたとしても、怒られてしまうことが不可避な状況に陥ることもあります。

怒られてしまうのは誰でも精神的につらいですが、対応をきちんと行っていれば怒られる頻度はかなり少ないため、そこまで気にする必要もありません。

電話営業がつらいと感じる理由3:アポが取れるのは、0.3~10%弱

電話営業でつらいと感じる理由3つ目は「アポが中々取れない」ことです。

電話営業をしていて、実際にアポが取れるのは0.3~10%弱と言われています。

これをあまり理解していないと、

「全然アポが取れないじゃん、、向いてないのかな、、?」

とネガティブな気分になってしまいがちです。

ほとんどの電話でアポが取れないことを理解した上で電話営業を行うと、かなり気分が軽くなるのでおすすめです。

電話営業がつらいと感じる理由4:営業ノルマがきつい

電話営業がつらいと感じる4つ目の理由は、「営業ノルマがきつい」ことです。

電話営業のノルマとしては、1日〇〇件架電!月〇〇件以上の成約!

などのノルマが設定されている企業が多いためです。

沢山の架電を行うこと自体非常に大変ですが、それに加えて成約件数などもノルマに課されることもあるため、つらいと感じる方が多いです。

営業ノルマに追われながら電話営業を行うことは辛いですよね。

ノルマを達成するには、日々の業務のPDCAを回すことをお勧めします。

「どうして上手くいかないのか」、はたまた「なぜ上手くいったのか」など日々の業務を行いながら、自分で施策を試して効果改善を繰り返すことで、確実に電話営業の質が向上していきます。

良い点や悪い点を分析することは、電話営業の質を向上させる上で必要不可欠なので、必ず確認するようにしましょう。

【即効果あり】「電話営業がつらい…」を解消する5つの方法

【即効果あり】「電話営業がつらい…」を解消する5つの方法

ここまでで、電話営業がつらいと感じる理由を整理し、理解できたと思います。

次は本題である、「電話営業がつらい…」を解消する5つの方法について解説していきます。

方法は以下の5つです。

  1. トークスクリプトを作成する
  2. 質の高い顧客リストを作成する
  3. 別人格を作り出す
  4. 必要以上に落ち込まない
  5. 意識して気持ちを切り替える

他にも解消する方法はありますが、今回は即効性があって、効果も高い方法のみご紹介します。

それでは、詳しく解説していきます。

方法1:トークスクリプトを作成する

「電話営業がつらい…」を解消する1つ目の方法は、トークスクリプトを作成することです。

トークスクリプトとは、電話営業の際に利用する台本のことを指します。

トークスクリプトを作成することによって、話に詰まることなく、営業トークを進めることができます。

そのため、もたついて相手をイライラさせるということも回避でき、結果として電話営業の成果も向上させることが可能です。

そして何より、何を話せばよいか迷う必要がなくなるので、焦ったり、あたふたしたりしなくて済むので精神的にとても楽になります。

トークスクリプトは必ず作成するようにしましょう。

方法2:質の高い顧客リストを作成する

「電話営業がつらい…」を解消する2つ目の方法は、質の高い顧客リストを作成することです。

質の高い顧客リストとは、成約確度の高い顧客リストのことを指します。

確度の低い質の悪い顧客リストは、精神を削ることになる可能性が高いです。

ひたすら架電を続けても成約・アポが取れず、「電話営業はつらいなぁ」と感じてしまうでしょう。

そのため、質の高い顧客リストを作成し、成約の可能性が高い顧客へ電話を積極的にするようにしましょう。

そうすることで、成約・アポが取りやすく、精神的にも楽になります。

方法3:別人格を作り出す

「電話営業がつらい…」を解消する3つ目の方法は、別人格を作り出す事です。

別人格を作り出すというと難しいと思いますが、とても気持ちが楽になるのでおすすめです。

電話営業をしている別人格を作り出し、その人格を演じましょう。

それだけで気分が変わることが信じられないという方も多いと思います。

しかし、営業用の別人格を作り出し、それを演じていることで相手に怒られたり、冷たい態度をとられたとしても不思議と傷つかないのです。

また、営業電話が苦手という方が、敏腕営業マンを演じることによって普段よりも緊張せずにスムーズに話をすることができるような効果もあります。

意外にも効果の高い方法のため、是非次の電話営業から意識してみてください。

方法4:必要以上に落ち込まない

「電話営業がつらい…」を解消する3つ目の方法は、必要以上に落ち込まないことです。

電話営業がつらいと感じてしまう方は必要以上に落ち込んでしまっている可能性が高いです。

先述しましたが、電話営業においてアポがとれるのは、0.3~10%弱と言われています。

そのため、ほとんどの電話では相手から断られてしまうことが想定されます。

それだけではなく、時には相手から怒られたり、ガチャ切りされたりすることだってあります。

私たちは人間なので、相手からそのような態度をとられたら誰であっても、ネガティブな気持ちになってしまうことがあるでしょう。

しかしそうなってしまうと、電話営業に対してモチベーションが下がり、結果として営業成績にも悪影響が出てしまう可能性が高いです。

そのため、電話営業では意識して必要以上に落ち込むことはやめましょう。

営業成績を出している電話営業マンでさえ、成約率は10%弱ということをもう一度思い出しましょう。

そのことを頭に置いておくと、自然と必要以上に落ち込むことを避けることができるようになります。

方法5:意識して気持ちを切り替える

「電話営業がつらい…」を解消する5つ目の方法は、意識して気持ちを切り替えることです。

先述しましたが、電話営業で必要以上に落ち込むことは回避することが必要です。

とはいえ、人間なので時には落ち込むことがあるでしょう。

そうした場合には、意識して気持ちを切り替えることが有効です。

オススメの方法は、仕事とは別の趣味を見つけたり、友人や家族と楽しい時間を過ごしたりするとよいでしょう。

電話営業が上手くいかず、落ち込み、暗い気持ちを引きずっていては次の日の仕事まで影響がでてしまいます。

意識して気持ちを切り替えるために、自分なりの切り替え方法を見つけましょう。

まとめ:「電話営業がつらい…」はもう終わりにしましょう

まとめ:「電話営業がつらい…」はもう終わりにしましょう

以上が「電話営業がつらい…」を解消する5つの方法になります。

電話営業がつらい理由で先述した通り、電話営業は成約率が低く、ほとんどの場合断られることが多く、ノルマもきついと感じる方が多いのも事実です。

しかし、今回ご紹介した「電話営業がつらい…」を解消する5つの方法を実践することで、すぐに気持ちが楽になることを実感頂けるでしょう。

是非、次から実践して下さい。

電話営業がつらいと感じなくなったら次第にどんどん営業成績も向上していきます。

「電話営業がつらい…」はもう終わりにしましょう。