テレアポ代行の選び方資料DL
テレアポ代行の選び方資料DL

Facebookリード獲得広告とは?メリットやデメリット、設定方法を解説

Facebookのリード獲得広告を使うと、高いコンバージョン率が期待できます。

しかし、「リード獲得広告について初めて聞いた」「使い方がわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、Facebookリード獲得広告の使用目的、メリットやデメリット、画像付きの設定方法を解説します。

新たなWeb集客方法を開拓したい場合に、ぜひ参考にしてください。

インサイドセールス代行お役立ち資料ダウンロード

Facebookリード獲得広告とは

Facebookリード獲得広告とは、「リード」つまり「見込み顧客」を獲得するための広告です。Web集客活動においてリード獲得は非常に重要で、できるだけ多くのリード数を集めると契約数の増加につながります。

Facebookリード獲得広告を利用すると、見込み顧客の氏名、電話番号、メールアドレスなどが取得でき、リードナーチャリングや今後のマーケティング活動に活用可能です。

使用目的

Facebookリード獲得広告には、例えば次のような使用目的があります。

  • マーケティング活用…自社ファンになり得るターゲットの属性を特定
  • コンバージョン率向上…PDF資料やパンフレットのダウンロードを誘導
  • イベント集客…自社開催のイベント申し込みフォームとして活用

ユーザー情報を集められるため、ユーザーの属性や行動分析、自社資料の配布、さらには集客など広く活用できるのが特徴です。

一般的なWeb広告との違い

Facebookリード獲得広告と一般的なWeb広告との違いは、クリックした後に別サイトへの誘導があるかどうかです。

一般的なWeb広告では、クリックすると別のウェブサイトが立ち上がり、目的を達成するためにユーザーは氏名、電話番号、メールアドレスなどを入力する必要があります。しかしこの方法だと、すべての情報を入れるのが面倒になり、離脱する確率が高くなってしまうでしょう。

一方、Facebookリード獲得広告では、ユーザーが広告をクリックしても別のサイトに誘導するのではなく、Facebook内に送信フォームが立ち上がります。さらに、そのフォームにはFacebookに登録している情報が既に入っているため、一から入力する手間が省けるのです。

適している商材例

Facebookリード獲得広告による配布が適している商材例は、以下の通りです。

  • 企業のホワイトペーパー
  • 自社プロダクトやサービスに関する資料
  • 定期配信しているメールマガジン

自社に関心を寄せているリードに対して、さらに深掘りできる魅力的なPDF資料を作成し、ダウンロードできるよう設定するとコンバージョン率が高まる可能性があります。

契約や売上には直結しませんが、見込み客の母数を拡大できるため活用されています。

一方、Facebookリード獲得広告に適していない商材としては、対面セミナーへの誘導や、資格講座やスクールの資料請求だといえるでしょう。情報の入力後、まだ詳細がわかっていない有料サービスへいきなり申し込むとは考えにくいからです。

Facebookリード獲得広告のメリット

Facebookリード獲得広告のメリットを4点解説します。

ユーザーの入力ストレスが減る

Facebookリード獲得広告の魅力は、何といってもユーザーにとって情報を入力するストレスが減る、という点でしょう。

広告をクリックすると、Facebookに登録済のデータが入った状態でフォームが出てくるので、基本的な個人情報を一から入力する必要がありません。

もし、メールマガジンの登録に誘導するために活用するのなら、氏名やメールアドレスは自動入力されているため、①広告クリック、②送信のたった2クリックで設定完了です。

他の一般的なWeb広告のように別サイトに飛ぶ場合、ちょっとしたきっかけでユーザーの気持ちが離れる可能性があります。気持ちが熱いうちに登録できるので、双方にとってメリットがあるといえるでしょう。

LPがなくても集客できる

Web広告を出稿する際、LPと呼ばれるランディングページが必要になることがあります。しかし、作成や維持には費用がかかり、企業によってはそこまで広告費をかけられない場合もあるでしょう。

その点Facebookリード獲得広告では、LPなしで広告を出稿できるため費用を抑えて集客できるというメリットがあります。

CRMと連携できる

社内でCRM(顧客関係管理)ツールを導入しているのなら、Facebook広告と連携可能です。Facebookリード獲得広告で何らかのアクションがあれば、CRMで即座に確認できるようになります。

SalesforceやMarketoといった数多くのCRMと連携しており、どのような属性のユーザーが自社に関心があるかが分かるため、粒度の高いリード情報が管理できるでしょう。

A/Bテストができる

Facebookリード獲得広告では、設定を変更してA/Bテストの実行が可能です。フォームの項目を変えてテストすれば、コンバージョン率の高いフォーム作成ができるようになります。

ユーザーの傾向をつかめるようになるため、リードナーチャリングやマーケティング活動にデータを活用できます。

Facebookリード獲得広告のデメリット

Facebookリード獲得広告のデメリットを3点解説します。

リードの質が低いことも

リード獲得広告は、ユーザーにとって入力が簡単なのでリードの母数拡大が期待できますが、その分リードの質が落ちる可能性もあります。

つまり、契約に至る可能性の低いリードが多く集まってしまい、その管理に追われ、結局のところ売上につながらない恐れがあります。

その点をカバーするために、本当にクリックして欲しいユーザーの心に刺さるような広告文を作成したり、入力フォームに真のターゲットのみが回答できる質問事項を設定したりするといいでしょう。

モバイルデバイスのみに対応している

Facebookリード獲得広告は、モバイルデバイスのみに対応しています。

つまり、パソコンなどで閲覧しても活用できないので、モバイルユーザーをターゲットにした場合のみ活用可能です。

Facebookリード獲得広告の設定手順

ここからは、Facebookリード獲得広告を設定するための手順を7つに分けて解説します。

手順①:広告マネージャーを開く

まずは広告マネージャーを開きましょう。

そして、左上にある「+作成」を選択すると、以下の画像が出てきます。「キャンペーンの目的を選択」で「リード獲得」を選び、右下の「次へ」を押します。

手順②:リード方法でインスタントフォームを選択する

次のページで、「キャンペーン名」「A/Bテスト」「キャンペーン予算の最適化」など適宜設定し、進んでいくと、「リード方法」を設定する項目が表れます。

この「インスタントフォーム」がユーザーにとって入力が簡単になるフォームです。

手順③:「利用規約を確認」をクリック

次に、利用規約に同意します。

上記「リード方法」のすぐ下に「Facebookページ」とあり、広告を作るFacebookページを選択できるほか、利用規約に同意する項目があります。

広告を作成するには必ず同意する必要があるため、「利用規約を確認」から同意しましょう。

手順④:最適化と配信で「リード」を選択する

予算やオーディエンスなどを選択したら、「最適化と配信」で「リード」を選びます。

ほかに「コンバージョンリード」も選べるため、必要に応じてA/Bテストでどちらも検証するといいかもしれません。

手順⑤:フォームを作成する

上記手順で「インスタントフォーム」を選択した場合、「フォーム」を作成します。

ここでユーザーに入力して欲しい質問をカスタマイズできますが、なるべく少なめに設定する方が負担にならないのでおすすめです。

手順⑥:公開する

最後に、プライバシーポリシーや見出しなどを設定したら、公開します。

以上のように、クリックで進めていくだけで簡単に公開まで設定できます。

手順⑦:入力されたフォームを確認する

ユーザーが広告をクリックして情報を入力すると、広告マネージャーからリード情報をダウンロードできます。CRMと連携すると、顧客管理に活用可能です。

参考:広告マネージャからリード獲得広告を作成する-Facebook for Business

Facebookリード獲得広告の効果的な使い方

Facebookリード獲得広告を効果的に使う方法を3点解説します。

ユーザーにとってのメリットを明示する

リード獲得広告は、提示できる情報がLPやホームページに比べて圧倒的に少なくなるため、広告やフォームにユーザーがクリックしたくなるメリットを明示する必要があります。

フォームを送信するとどのような特典があるのか、ダウンロードできるPDF資料にはどのような情報が掲載されているか、簡潔にまとめておきましょう。

入力する項目は少なめに設定する

せっかく広告を出稿するので、会社名や部署、役職などさまざまな情報を取得したくなりますが、手入力する項目を増やしてしまっては離脱の原因となります。

Facebookリード獲得広告の特徴として、Facebookに登録済の基本的な個人情報は自動入力されるという点があります。このメリットを最大限活かすために、質問項目はできる限り減らして見込み客の数を増やすことを意識しましょう。

「最適化と配信」でコンバージョンも選択してみる

上記の手順④で解説した通り、「広告配信への最適化」という項目で、「リード」または「コンバージョンリード」を選択できます。

「リード」は見込み客の数を増やしたいときに使え、見込み客であると予測されるFacebookページに広告が表示されます。この場合、数は増やせますがリードの質が低下するデメリットが考えられるでしょう。

一方、「コンバージョンリード」はリードの質を高めたいときに有効です。顧客につながると期待できるリードのみに広告が表示されるからです。

まずは広告を出稿する前に、「数を増やしたいか」「質を高めたいか」を検討し、広告運用を始めましょう。

インサイドセールス・テレアポでのリード獲得も検討しよう

Facebookリード獲得広告を使えば、ユーザーの入力負担を減らしながら、母数を拡大して質の高いリード獲得にも役立ちます。

自社サービスやプロダクトを広く認知できるようになるため、有効なWeb集客方法となるでしょう。

ただ、webでのリード獲得も限界はあります。

リードのさらなる上積みを狙いたい場合は、インサイドセールス代行の活用も検討してはいかがでしょうか。

インサイドセールス代行資料ダウンロード

インサイドセールス代行お役立ち資料ダウンロード

資料をダウンロードする