テレアポ代行会社の選び方-成果報酬型・コール課金型・時間貸し型-|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
電話営業の成果

テレアポ業務をアウトソースしてみようと考えられた際に、様々なテレアポ代行会社がありどこに依頼すれば良いか分からない、どのように違うのか分からないという壁にぶつかるクライアント様が多くいらっしゃいます。

今回は、各料金形態の違いやメリット、デメリットをご紹介します。

 

主な料金形態

テレアポ代行の料金形態は、大きく分けてコール課金型、成果報酬型、時間貸し型の3つがあります。

 

各料金形態の概要・特徴

コール課金型

コール先1件ごとに〇〇円という形態のもので、別途初期費用などが必要な場合が多いです。多くのテレアポ会社で取り扱っている料金形態のひとつでもあります。

担当者に繋がらなかった場合、3コールまで追いかけるという契約が多いですが、会社によっては1コールや2コールまでという契約も対応しています。

 

成果報酬型

アポイント取得1件ごとに〇〇円~という形態のものです。コール課金型と並んで、多くのテレアポ会社で取り扱っている料金形態です。

その会社によって別途初期費用などが必要な場合もあります。

アポイント数に対して料金が発生するものですが、「契約はアポイント〇件~」という形である程度下限価格が決められているものが多いです。

 

時間貸し型

1時間あたり〇〇円という形態のものです。

コールリストの件数やアポイントの取得件数に依存しない料金形態のため、様々な種類のコールを実施したいという場合や、コールを中心とした複合的な業務を依頼したいという場合に適しています。

 

それぞれのメリット・デメリット

 

①コール課金型

<メリット>

・他の料金形態と比べて、結果的にアポイント1件あたりの費用が安く済むことが多い。

・決められたリストへ確実にコールを実施するため、選んだ顧客へ漫勉なくアタックすることができる。

・アポイントにならなかった顧客についても情報を取得することができ、マーケティングに活用できる。

 

<デメリット>

・思うようにアポイントが取れなかった場合でも費用が発生する。

・成果の保証がない場合もあり、予算が組みにくい。

 

②成果報酬型

<メリット>

・アポイントが取れなかった場合の負担が少ない。

・獲得したいアポイント数に応じて予算を取ることができる。

・成果が保証されているので

 

<デメリット>

・アポイントの件数だけ費用が増えるため、アポイントの単価が高くなる傾向がある。

・確度の低いアポイントでも取得してしまい、結果的に費用対効果や営業効率が悪くなる可能性がある。

・成果を出しにくいと判断された場合、依頼を断られる場合がある。

 

➂時間貸し型

<メリット>

・契約時間内で、様々なコールを任せることができる。

・決められたリスト件数やアポイント取得数などがないため、柔軟に対応できる。また、情報取得に重点を置くことができる。

・決まった予算で依頼することができる。

 

<デメリット>

・柔軟性がある代わりに、コール効率があまり良くない。

・実際にコールしているのか、実態が見えにくい。

・短期的な利用では成果を得にくい

 

どのような要望に向いているのか

①コール課金型

・ただアポイントを取得するだけでなく、顧客の情報を取得してマーケティングに役立てたい。

・確度の高いアポイントで営業効率を高めたい。

・中・長期的に見込み顧客の発掘を行っていきたい。

 

②;成果報酬型

・費用に対して確実にアポイントが欲しい。

・アポイントが取れなかった場合の保証が欲しい。

・必要に応じて、スポット的にアポイントの獲得を依頼したい。

 

➂時間貸し型

・アンケートやリサーチなど、情報の取得に重点を置いたコールをして欲しい。

・柔軟にさまざまな対応をして欲しい。

・毎月、決まった費用で長期的に継続依頼したい。

 

まとめ

このように、テレアポ代行の料金形態は様々あります。価格の安さ、手ごろさだけで依頼先を決めてしまうと、思うような成果が得られない可能性があります。それぞれのメリット、デメリットを把握し、自社の目標や戦略に合ったものを選ぶことで、より効果的な営業活動を実現しましょう。

これからテレアポ代行を検討の企業様や、すでにテレアポ代行を利用しているが、本当に費用に見合った成果が得られているのか分からないという企業様は、貴社の目標や課題に合った料金形態からご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

【オススメ記事】

驚くほど楽になる!企業リストが収集できるツール4選

単価で比較!テレアポ代行業者のサービスの質はどう違うのか?

スクリプトに頼らないコールスタッフのスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BtoB専門のテレアポ代行のご案内

弊社は従量課金のテレアポ代行を承っております。
お客様の営業状況をヒヤリングし、テレアポのリスト作成からテレアポの施策提案・改善などご支援致します。

  • soraプロジェクトのテレアポ代行サービス

  • ・平均アポ率4.6%

  • ・コールスタッフの平均勤務年数3年10ヶ月以上

  • ・約700万社の企業リストデータベースを無料で利用可能


テレアポ代行の料金詳細を見る

SNSでもご購読できます。