テレアポは成果がでるの?導入前に確認しておくべきポイント|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレアポ会社 比較

テレアポは、プッシュ型の新規顧客開拓の手段として有効であり、現代でも十分な成果が得られます。
しかし、本当に成果が得られるのか?費用対効果は合うのか?と検討していても導入するかどうかなかなか決断できないという方もいるのではないでしょうか?

今回はテレアポの導入が適しているかどうか、判断材料とすべきポイントを紹介します。もし検討されているならば、是非参考にしてください。

ターゲットが明確にわかっている

ターゲットがわからず、手当り次第にかけると当然効率が悪くなります。ターゲットが決まって初めて、営業リストを絞り込むことができ、ターゲットに合わせた戦略やスクリプトが出来上がります。

わからないという方は、一度既存顧客を分析してみてください。業種、企業の規模を洗い出し、さらには決定権者が誰なのかわかると戦略が立てやすく効率が上がります。
また、多くの場合テレアポ代行業者は企業リストを持っていますので、戦略作りやターゲット探しの相談に乗ってくれるでしょう。

電話で説明してわかりやすいか

営業電話では話をじっくり聞いていただけることは稀です。アポインターは短い時間で商材の内容と魅力を伝えなければなりません。イメージの付きやすい商材であれば、相手も聞く耳を持ちやすく、商材のメリットを伝えやすくなります。
もし、専門性が高い商材であれば専門知識のある担当者を呼び出したり、イメージのつきにくい商材であれば一度資料をお送りし手元に届いたタイミングでフォローしたりすると効果的です。

 

競合と差別化できているか

ありふれた商材は相手が興味をもちません。「その商品なら他社から何回も電話かかってきたよ」といわれて終わってしまいます。そもそものサービスの質を磨くか、キャンペーンなどを打ち出すなどの差別化が必要です。
また、全く違う切り口の売り込み方をすることで、お客様の興味を引くことができます。コツは自社の商品と「今話題になっているもの」を組み合わせることで新しい提案をすることです。思いついたものをテレアポ代行会社に話してみると、アポイントが取れやすいかどうかなどアドバイスをもらえるかもしれません。

新規性のある商材か

新規性がありイメージしやすい商材は、アポイントが獲得しやすい場合が多いです。

ただし、新しすぎて市場がほとんど開拓されていない商材は難しいといえます。相手がその商材を導入するイメージがわきにくいからです。市場の認知度が高まった時点でアプローチをかけると効率的です。

 

期限付きの営業施策を取る場合

例えば商品の切り替えのタイミングを狙いたい場合など、期間が決まっている場合はプッシュ型営業のテレアポは有効です。多くの企業にアプローチすることで、見込み客を借り取ることができます。

この場合、自社ですべて行う時間が足りないことが多いので、代行業者に依頼するのも良いでしょう。

 

まとめ

テレアポ代行業社では、これまでどのような商材でどのくらいの実績が出たかを管理しているはずです。自社の商材や施策がテレアポに向いているかどうかを相談してみるとよいでしょう。

 

【関連記事】

テレアポ代行会社の選び方①-成果報酬型・コール課金型・時間貸し型-

単価で比較!テレアポ代行業者のサービスの質はどう違うのか?

テレアポ・営業代行に使える!企業リストの種類とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BtoB専門のテレアポ代行のご案内

弊社は従量課金のテレアポ代行を承っております。
お客様の営業状況をヒヤリングし、テレアポのリスト作成からテレアポの施策提案・改善などご支援致します。

  • soraプロジェクトのテレアポ代行サービス

  • ・平均アポ率4.6%

  • ・コールスタッフの平均勤務年数3年10ヶ月以上

  • ・約700万社の企業リストデータベースを無料で利用可能


テレアポ代行の料金詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*