テレアポ代行の選び方資料DL
テレアポ代行の選び方資料DL

インサイドセールス代行会社の比較10選!選ぶ際の確認ポイントも紹介

「インサイドセールス代行会社を比較して検討したい」と思ってはいませんか。

効率的にアプローチできたり、リードタイムを短縮できたりするため、多くの企業が導入しているインサイドセールス代行サービス。しかし、さまざまなサービスがあるため、どれを選べば良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、本記事ではインサイドセールス代行会社10選の比較を紹介します。

また、選ぶ際に確認すべきポイントも説明しているため、インサイドセールス代行サービスの利用を検討している方は参考にしてください。

インサイドセールス代行お役立ち資料ダウンロード

インサイドセールス代行とは

インサイドセールス代行とは、電話やメールオンライン会議ツールを用いた、営業活動を業務委託するサービスです。アポイントの獲得を目的としておらず、顧客の購買意欲が高くなるように育成することを目的としています。

インサイドセールスはオンラインで営業活動をおこなうため、1日で多くの顧客へのアプローチが可能です。代行会社にはインサイドセールス専門のスタッフが揃っているため、自社でインサイドセールスをおこなうよりも高い成果を期待できるでしょう。

また、インサイドセールスにはリードタイムを短縮できるといったメリットもあります。代行会社にインサイドセールスを依頼すれば、短期間で多くの成約も可能です。

ちなみに、以下の記事でインサイドセールスについて詳しく解説しています。インサイドセールスの導入方法も説明しているため、導入を検討している方はぜひ併せてご覧ください。

関連記事:インサイドセールスとは?意味やメリット、指標やツールなど網羅的に解説

営業代行との違いとは

インサイドセールス代行と混同されやすいものに、営業代行があります。営業代行とは、営業活動に関わる幅広い業務を代行してもらえるサービスです。

インサイドセールス代行も営業代行も、営業活動を支援する点では共通しています。しかし、代行を依頼できる業務の範囲が異なっているのです。

インサイドセールス代行の場合は、インサイドセールスしか依頼できないのに対し、営業代行ではインサイドセールスを含む幅広い業務を依頼できます。営業代行会社によっては、市場調査からカスタマーサクセスまで一貫して代行している会社もあります。

インサイドセールス代行会社の比較ポイント

この章では、インサイドセールス代行会社を比較する際に確認すべきポイントを3つ説明します。比較ポイントは、以下の通りです。

  • 料金形態
  • スタッフの質
  • 得意分野

これより順番に説明していきます。

料金形態

インサイドセールス代行会社のサービスには、固定報酬型と成果報酬型・複合報酬型の3つの料金形態が用意されています。それぞれメリットが異なるため、特徴を理解したうえで、どの料金形態を採用している代行会社を選ぶかを検討しましょう。

まず固定報酬型とは、毎月の報酬額があらかじめ決定している料金形態です。成果に関わらず報酬額は一定であるため、成果が多く出た月のコスパはかなり良くなります。相場は50~70万円程度です。

次に成果報酬型とは、成果によって報酬額が決定する料金形態です。成果が発生しない月は報酬も発生しないため、サービスを利用するリスクを最小限に抑えられます。 相場は1アポ獲得につき15,000~20,000円程度です。

また複合報酬型とは、毎月固定の報酬額に加えて、成果に応じた報酬が上乗せされる料金形態です。固定部分の報酬は固定報酬型よりも安い傾向にあります。

スタッフの質

インサイドセールス代行会社を選ぶ際は、スタッフの質も確認してください。スタッフの質が悪い代行会社を利用した場合、自社の企業イメージが悪くなる可能性があるからです。

インサイドセールス代行会社のスタッフは、自社のスタッフとして営業活動をおこないます。スタッフが成果を上げるために自社の営業スタイルに反した営業活動をおこなえば、顧客からの信用は失われるでしょう。

スタッフの質は実績や口コミから確認できます。スタッフの質が高いのかきちんと見極めて選びましょう。

得意分野

インサイドセールス代行会社を選ぶ際は、自社の業界や自社サービスの取り扱いを得意としている会社なのかを確認してください。どの業界・どのサービスが得意なのかは実績を確認すると確認できる場合が多くなっています。

自社の業界や自社サービスに類似しているサービスの取り扱いを得意としている場合、高い成果を期待できます。また、最初からある程度の業界知識を持っているため、業界やサービスについて説明する時間を削減できるでしょう。

なお、企業ホームページの実績から得意分野を判断できない場合は、代行会社の営業担当に問い合わせましょう。

インサイドセールス代行会社の比較10選

この章では、おすすめのインサイドセールス代行会社を10社紹介します。紹介するインサイドセールス代行会社は、以下の通りです。

  • SORAプロジェクト
  • ウィルオブ・ワーク
  • セレブリックス
  • スマートキャンプ
  • SALES ROBOTICS
  • earth Link
  • コンフィデンス
  • リーグル
  • ビートレード・パートナーズ
  • コムレイズ・インキュベート

これより順番に、それぞれのサービスの特徴を紹介していきます。

SORAプロジェクト

SORAプロジェクトの公式ホームページでサービスの詳細を見る

SORAプロジェクトは、11年以上の実績があるインサイドセールス代行会社です。250万コールから得た独自の法人データベースを利用することで、4.6%もの平均アポ率を誇っています。

また、インサイドセールス代行以外にも、テレアポ代行やマーケットリサーチも提供しています。契約から最短3日でセールスチームが立ち上がるため、急な人材補充にも適しています。

参考:インサイドセールス・テレアポ代行サービス概要資料

ウィルオブ・ワーク

ウィルオブ・ワークは、「Seiyaku」という営業代行サービスを提供している会社です。依頼できる業務は幅広く、その中にはインサイドセールスも含まれています。

長年培ってきた営業ノウハウで、自社の営業マンを教育できる点も魅力です。自社サービスの営業スキルを伸ばせられれば、サービス利用後も高い成果を上げられるかもしれません。

セレブリックス

セレブリックスは、テストマーケティングからカスタマーサクセスまで、営業活動を幅広くサポートしている会社です。代行業務の中にはインサイドセールスも含まれています。

20年以上・12,000サービスもの実績を活かして、企業の営業課題を解決できる点が魅力です。また、営業業務の代行以外にも営業コンサルティングもおこなっています。

スマートキャンプ

スマートキャンプは、「BALES」という インサイドセールス代行サービス を提供している会社です。これまで培ったノウハウを活かして、インサイドセールスの立ち上げもサポートします。

また、リードナーチャリングサイクルの構築を、サービスの利用企業に応じて柔軟にサポートしている点も魅力です。

SALES ROBOTICS

SELES ROBOTICSは、インサイドセールスの立ち上げをサポートする「SALES BASE」というサービスを提供している会社です。独自開発のクラウドシステムと、インサイドセールスのフルアウトソースが特徴です。

インサイドセールス導入には組織体制の構築が大変であるものの、SALE BASEを活用すれば、1か月弱でサービスを熟知したインサイドセールス部隊を立ち上げられます。

earth Link

earth Linkは、これまで1,500社以上の導入実績があるインサイドセールス代行会社です。大手SierやOA機器販売・大手住宅設備など、さまざまな業界の企業をサポートしてきており、豊富な知識を持っています。

また、インサイドセールス研修を実施している点も魅力です。豊富な知識と経験があるベテラン講師が、インサイドセールスのコール担当者に研修を実施してくれます。

コンフィデンス

コンフィデンスは、課題解決型営業が魅力のインサイドセールス代行会社です。顧客の抱えている課題を洞察して適切な解決策を提示することで、固い商談設定を可能とします。

また、契約期間中、営業マンは一つのプロジェクトの専任となるため、短期間で熟練度を高められます。それにより、プロジェクトが成功しやすくなる面もあるでしょう。

リーグル

リーグルは、ターゲティングからナーチャリングまでサポートしているインサイドセールス代行会社です。インサイドセールスとMAツールを組み合わせたサービスを提供しています。

500社を超えるIT業界での豊富な実績を持っており、リピート企業は86%を誇っています。

ビートレード・パートナーズ

ビートレード・パートナーズは、独自のリードナーチャリングシステムを提供しているインサイドセールス代行会社です。

幅広い業務を代行しており、リード獲得や展示会支援・セミナー支援などもおこなっています。リードの育成だけではなく、獲得の代行もおこなって欲しい人に向いています。

コムレイズ・インキュベート

コムレイズ・インキュベートは、アポ率最大400%の実績があるインサイドセールス代行会社です。受注率最大200%の実績もあります。

インサイドセールス含む営業活動全般をサポートしている点が特徴です。MAツールの運用代行もおこなっており、効率的なリードの育成に繋がるかもしれません。

まとめ:比較ポイントを理解して、インサイドセールス代行会社を選ぼう

本記事では、おすすめのインサイドセールス代行会社10選を紹介しました。それぞれ実績やスタッフの質・料金形態など特徴が異なるため、比較検討をして自社にふさわしいインサイドセールス代行会社を選びましょう。

ちなみに、当社SORAプロジェクトでは、インサイドセールスの代行業務をおこなっています。13年の実績がありながら、インサイドセールス代行会社の中でも安価な価格設定です。

インサイドセールスを外部に委託したい場合は、SORAプロジェクトの利用を検討してみてください。

インサイドセールス代行資料ダウンロード

インサイドセールス代行お役立ち資料ダウンロード

資料をダウンロードする