OutlookとGmailの同期ってどうやるの?設定手順を解説

 Gmailは連携できる他の機能が多いため、とても便利です。

しかし、Gmailにはメールをcsvファイルで書き出す機能はありません。csvファイルで書き出したい人も多いでしょう。

その場合は、GmailとOutlookを同期して、Outlookからcsvファイルで書き出しましょう。

本記事では、GmailとOutlookの同期方法を解説します。GmailとOutlookを利用している人は、ぜひ参考にしてください。

Gmail側の設定手順

(1)Gmailにログインして、画面右上の①「歯車アイコン」をクリックしたら、②「すべての設定を表示」を選択します。

(2)設定画面の上部にある③「メール転送とPOP/IMAP」タブをクリックして、④「IMAPアクセス:」からステータスを「IMAPを有効にする」にチェックを入れます。

そして、フォルダサイズの制限について、⑤「IMAPフォルダのメールの数を制限しない(デフォルト)」にチェックが入っていることを確認して、⑥「変更を保存」をクリックして、一旦終了です。

【Web版】Outlookのアカウント設定手順

(1)Outlookを開いて、画面右上の歯車アイコンをクリックし、右下にある①「Outlookのすべての設定を表示」をクリックします。

(2)左のメールタブにある②「メールを同期」をクリックし、③「Gmailのアイコン」をクリックします。

(3)「Googleアカウントを接続」というダイアログボックスが表示されるため、チェックマークを確認して④「OK」をクリックします。

(4)「Googleにログイン」の画面が表示されるため、⑤「同期したいGmailアドレス」を選択しましょう。同期したいアドレスが一覧にない場合は、「別のアカウントを使用」からGmailアドレスを入力してください。

(5)「Microsoft が Google アカウントへのアクセスをリクエストしています」の画面が表示されるため、⑥「許可」をクリックします。

(6)Outlookの最初の画面に戻り、左下にGmailアドレスが表示されていたら完了です。

【Webアプリ版】Outlookのアカウント設定手順

(1)Outlookを開いて、画面左上の「ファイル」をクリックし①「アカウント設定」をクリックします。

(2)アカウント設定のウィンドウが開くので、②「新規(N)」をクリックします。

(3)Gmailアドレスを入力する画面が表示されるため、③「メールアドレス」欄にGmailアドレスを入力して、④「接続」をクリックします。

(4)Gmailのログイン画面が表示されるため、⑤「メールアドレス」欄にGmailアドレスを再度入力して、⑥「次へ」をクリックします。

(5)パスワードの入力画面が表示されるため、⑦「パスワード」欄にパスワード入力して、⑧「ログイン」をクリックします。

(6)Googleアカウントで2段階認証を設定している場合、画面の指示に従い、⑨「確認コード」を入力します。

(7)アクセスのリクエスト画面が表示されるため、下にドラッグして、⑩「許可」をクリックします。

(8)IMAPの表示された画面が表示されるため、⑪「完了」をクリックします。

(9)アカウント設定のウィンドウを開き、⑫「メールのタブ」に追加したGmaiアドレスが表示されているか確認します。

(10)Outlookの最初の画面に戻り、左側にGmailアドレスが表示されていたら完了です。

【スマホアプリ版】Outlookのアカウント設定手順

(1)Outlookアプリを開いて、画面左上の歯車アイコンをタップし、①「アカウント設定」をタップします。

(2)アカウント設定画面になるので、②「メールアカウントの追加」をタップし、下部に出る③「メールアカウントの追加」をタップします。

(3)メールアドレスの入力画面になるので、④「メールアドレス」欄にGmailアドレスを入力して、⑤「アカウントの追加」をタップして、連携を許可すると完了です。

OutlookとGmailを同期させて、メッセージを一元管理しよう!

本記事では、OutlookとGmailを同期させる方法を解説しました。

Outlookのアカウント設定方法をWeb版とアプリ版のそれぞれ紹介したため、利用する方を参考にしてください。

同期の方法はとても簡単であるため、ぜひこの機会に同期させて、メッセージを一元管理しましょう。