電話調査とは?回収率の高い市場調査のメリット・デメリット|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
電話調査

市場調査には、実に様々な方法があります。

それだけに、それぞれの調査方法が有するメリット、デメリットを正しく理解した上で、優先すべき目的に応じて方法を適切に使い分けることが大切です。

そこで今回は市場調査方法の一つである電話調査を取り上げ、そのメリットやデメリットと共にどのような目的で活用することが望ましいかなどをわかりやすく解説致します。

電話調査とは

電話調査とは、ターゲットとなる対象者への電話を通じて意見や感想、本音など生の声を聞き取る調査方法のことを言います。

 

政府機関や自治体が世論動向を探る場合に活用することもありますが、主には民間企業が市場調査をする際によく利用されている手法です。

電話調査のメリット

電話調査には次のような多くのメリットがあります。

 

・電話料金の低廉化に伴いリーズナブルな費用で、しかも確実に回答を得ることができる

・電話が繋がればその場で即回答を得ることができるため、短期間で調査を終えることができる

・調査会社を活用すれば自社名を伏せて顧客の本音等を探ることもできる

・ペーパーやwebでのアンケート調査では得られにくい、具体的な意見や声を聞き取ることができる

 

これら電話調査のメリットは、例えばDMによるアンケート調査と比較するとより理解しやすくなります。

例えばDMの場合、アンケートを回収するには往復の郵送料が必要です。しかも、回収率は大変低い現状があり、1%に満たない場合もしばしば生じます。

しかもDMを送ってから返送されるまでにはかなり長い期間を要します。

また、記入欄を設けてもその欄に詳しく意見を書いてくれる対象者は稀であり、電話で聞き取れるような具体的意見を得ることは困難です。

DMによるアンケート調査は例えば詳しい資料を添付できる等のメリットもあり、決してデメリットだけと言うことではありません。

しかし電話調査のメリットはDMアンケート調査では真似できない、電話調査ならではの特有のメリットなのです。

 

電話調査のデメリット

電話調査にはご紹介したような優れたメリットがありますが、電話調査だからこそのデメリットもあります。

 

・対象者を時間的に拘束してしまうため、質問量や内容が限られてしまう

・長い、もしくは詳しい説明が必要な調査や、視覚的に何かを見せる必要がある調査には不向き

・固定電話を有していない対象者は調査が困難である

 

つまりこうしたデメリットが障害とならない市場調査を行うことが、電話調査に相応しい調査要件となってきます。

 

電話調査が有効な調査目的の事例とは

では電話調査のメリット、デメリットを踏まえた場合、どのような調査目的で活用することが有効でしょうか。

例えば次のような調査目的なら電話調査のメリットを十分活かすことができます。

 

・少ない質問事項に対し、具体的な回答を短期間に得たい調査

(ユーザーに対し自分が使用している商品の不満点など項目を絞って尋ねる調査等)

・誰もが知っており、特別な説明がいらない事項に対する市場の意見を探る調査

(広告で活用する有名タレントを選定する際の候補者に対する印象調査等)

・既存顧客に対し企業名を伏せて商品やサービスに対する率直な感想を求める調査

・特定の商品を使用しているユーザーに更なるニーズをヒヤリングする調査   等

 

まとめ

電話調査は、一般的な調査方法として知られるDMやwebでのアンケート調査では得られない貴重な情報を市場から堅実に回収できる優れた調査方法です。

しかし、有効に活かすためにはプロのアドバイスが必要です。

もし電話調査を活かしたいと考える調査目的がある場合には、自分達だけで判断せず調査会社に相談することをオススメ致します。

 

【関連記事】

驚くほど楽になる!企業リストが収集できるツール4選

回収率を伸ばす!電話アンケート調査でできること

アウトバウンドテレマーケティングを代行してもらう3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

回収率を伸ばす!電話調査・アンケートサービスのご案内

法人専門の電話営業ノウハウを用いた電話調査サービス。

法人向けの市場調査や満足度調査をお考えの方は是非ご確認ください。

<事例>

・自治体に対するアンケート

・製品のユーザー向け満足度調査

・システム開発のための市場調査 など

サービスの詳細・事例集ダウンロードはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*