テレアポ代行業者が使っている受付突破方法|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレアポの受付突破方法の画像

テレアポで最初の壁である受付突破。単純に呼び出すだけでは、キーマンへはたどり着けません。一般的に使える方法から、キーマンや商材、会社の規模によって効果手な方法があります。今回ご紹介する受付突破方法のなかに貴社にまた試していない突破方法があるかもしれません。

予め担当者へ資料を送る

テレアポの前にDMやFAXなどで、担当者宛に資料を送っておきます。このとき、キーマンの部署名や担当者名が正確にわかっていると成功率は確実に上がります。

「○○へ資料をお送りした件でお電話差し上げたのですが、、」と話すと受付の方は「担当者にしかわからない内容かも」「こちらから資料請求したのかもしれない」と思い繋いでくれます。

 

取引先のつもりで話す

スクリプトに忠実に読んで話したり、初めて電話をしてかしこまった雰囲気を出しているかたも多いのではないでしょうか。受付の方にこの雰囲気を感じとられてしまうと「営業電話だ」と思われ反射的に断りを入れてしまうのです。スクリプトの棒読みやつっかえたりなどは論外です。

そこで、取引先のように担当者に繋いでもらって当たり前のような雰囲気をだすと、受付の方は「取引先かな?」と思い細かい質問をされずに繋いでくれる可能性が高まります。

会社の電話を受ける方は取引先がどのようなトーンで担当者を呼び出しているかを注意して聞いてみるといいかもしれません。

もちろん、嘘をついたり、失礼な態度をとったりしてはいけません。

 

メリットがあると思わせる

商品力が高い場合ですが、商品やサービスのメリットをわかりやすく伝え、その商品を自信をもって強くおすすめします。受付の方に「担当者に伝えないと損だな」とメリットが伝われば担当者に繋いでくれるでしょう。

 

時間帯を変えてみる

人によって、電話の対応は異なります。いつも営業お断りされる企業でも、もし別の方が電話に出たとしたらチャンスがあるかもしれません。電話をかける時間帯を変えてみるといいでしょう。朝、昼、夕方など人が席をあける可能性の高い時間帯が効果的です。

 

受付にキーマンの名前を聞く

基本的なことですが、「担当は不在です」「担当は電話中です」などの本当かどうかわからないときは名前を聞いておきましょう。再度、電話するときのハードルが大きく下がります。

 

あえて専門的な内容を話す

受付の方は簡単な内容のやり取りには慣れていますが、話が専門な内容であれば、自分が決断することに不安が生じてきます。

決済者や担当者しか答えられないような質問やします。そうすれば、受付の方は答えることができないので担当者に繋ぐしかありません。

 

キーマンの名前を調べておく

情報収集をせずコールをしてしまうと、無駄なプレッシャーを与え非効率的なアプローチになります。特にターゲットとなる企業リストが少ない場合はリサーチをしてから電話を掛けていきましょう。

社長や役員、部長などの名前はホームページを調べれば出てきます。事前に調べて置くことで、無駄な電話をかけることなくアプローチすることができます。

 

 

まとめ

テレアポで受付突破をするには、ターゲットとなる企業の業種や規模で異なります。最適なパターンをみつけていきましょう。

 

【関連記事】

テレアポはリストで成果が驚くほど変わる!おすすめの作成方法3選

電話営業の成果が上がる!見直すべき5つの要素

スクリプトに頼らないコールスタッフのスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BtoB専門のテレアポ代行のご案内

弊社は従量課金のテレアポ代行を承っております。
お客様の営業状況をヒヤリングし、テレアポのリスト作成からテレアポの施策提案・改善などご支援致します。

  • soraプロジェクトのテレアポ代行サービス

  • ・平均アポ率4.6%

  • ・コールスタッフの平均勤務年数3年10ヶ月以上

  • ・約700万社の企業リストデータベースを無料で利用可能


テレアポ代行の料金詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*