集客代行で検討すべき3つのポイント|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
集客代行を検討

集客代行は自社だけでは難しかった集客スピードや集客数のアップ、ひいては売上アップ等が期待できる反面、代行事業者の選定を誤ると思うような成果を得られず、コストだけが膨らんでしまうといった結果になりかねません。

そこで今回は集客代行を検討する上で大切な3つのポイントについて、ご紹介致します。

1.事前ヒアリングを重視する事業者であるか

集客において成果を生み出すためには、集客代行業者は相手企業は勿論のこと、集客を行う商品やサービスのコンセプトや内容、強み弱み、対象顧客層等々様々なことを「正確に」理解することが不可欠です。

そのためには、事前の入念なヒアリングや意見交換が大変重要になってきます。

この事前ヒアリング等の機会を重要視している代行業者であるかどうか、事業者を見極める上で大切なポイントになってきます。

 

2.「遂行」だけの事業者か「結果」にもこだわる事業者か

例えばテレアポ代行を事例とするなら、テレアポ代行事業者は次のように大別できます。

一つは代行依頼を受けたテレアポ件数を遂行したらそれでお終いという事業者。即ち、遂行責任だけを果たすという事業者です。

もう一つが業務遂行過程も細かく確認し、結果が伴わない場合にはアポインターを変更したり、トークの改善策を提案したり、結果の向上に努めてくれる事業者です。

両者の違いは当然「コスト」にも表れます。いわゆる「激安」を訴求する事業者は例外なく前者です。

 

もし成果や結果にこだわりたいのなら、目先のコストに目をくらませず後者の事業者を検討、選定すべきです。

 

3.「外注費」ではなく「投資」という視点を持っているか

集客代行を検討する上で、発注者側も検討しておかなければならない大切な視点があります。

それは集客代行をコストと考えるか、投資と考えるかです。コストと考えれば安さが優先されますが結果が伴わない可能性が高まります。

一方事業で結果を求めるなら、結果を得るための一定の投資が必要です。

集客代行で結果をもとめる場合、そうした視点や考え方が自社内で共有されているかどうか検討、確認しておくことも大切です。

 

まとめ

集客代行を検討する場合にはコストも大切ですが、それ以上に集客代行に期待したい目標や成果、予算を明らかにすることが大切です。その上で、そうした目標を果たす上で相応しい事業者を選ぶよう心掛けてください。

 

【関連記事】

コールセンターアウトソーシング費用でチェックしておきたい3つのポイント

営業アウトソーシング・営業代行を活用する3つのタイミング

新規顧客開拓で検討すべき営業方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BtoB専門のテレアポ代行のご案内

弊社は従量課金のテレアポ代行を承っております。
お客様の営業状況をヒヤリングし、テレアポのリスト作成からテレアポの施策提案・改善などご支援致します。

  • soraプロジェクトのテレアポ代行サービス

  • ・平均アポ率4.6%

  • ・コールスタッフの平均勤務年数3年10ヶ月以上

  • ・約700万社の企業リストデータベースを無料で利用可能


テレアポ代行の料金詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*