コールセンターアウトソーシング費用でチェックしておきたい3つのポイント|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コールセンター費用

事業が成長すると、インバウンドやアウトバウンド業務をコールセンターにアウトソーシングすることが多いのではないでしょうか。事前にどのくらいの費用がかかるのか、内訳はどうなのかを知っておきたいものです。

今回はアウトバウンドコールセンターの費用でチェックしておきたい項目を解説していきます。

アウトバウンドでは件数がベース

 

アウトバウンドでは、インバウンドのように待ち時間はなく、能動的にコールするため、1件あたりのコール単価がベースとなります。

コール単価は、最終目標によって価格が異なります。訪問アポイント、商品の販売、市場調査などです。市場調査など、通話時間が長くなりやすい案件は単価が高くなってきます。

また、営業リストをどうするかを考えておきましょう。自社でもっていれば、そのまま提供すれば無料です。リストを購入するのであれば、1件当あたり数十円~300円程度かかります。リストの価格は、質や情報量によってきます。中には無料で提供している企業もあるので、リストをお持ちでない企業様はよく調べておきましょう。

 

 

初期費用、月額利用料、スクリプト作成料がある

アウトバウンドに限らずですが、コールセンターをアウトソーシングする場合は、初期費用、月額利用料がかかってきます。主に初回の商品・サービスのレクチャー、途中改善などの費用です。初期費用や月額利用料がサポートの質を評価する基準ともいえます。

最近では、スクリプト作成は、ほとんどの企業が無料で実施しています。

 

 

成果報酬型もある

目標達成1件あたり1万円~3万円の課金をする方式です。コールの難易度によって単価が上がることがあります。初期費用がかかる業者もありますが、最近では、完全成果報酬型のコールセンターも出てきています。

コール内容や説明が難しく、成果が出にくい商品・サービスであれば、成果報酬型を選んだ方がいいでしょう。

一般的には、成果報酬型よりも、コール課金(1件コールで○○円)のほうが安く収まるケースが多く、ほとんどの企業がコール課金型を利用しているようです。

 

 

まとめ

アウトバウンドをコールセンターにアウトソーシングするとき、考慮するべき項目としては、①コール件数にかかる単価とリスト単価、②初期費用、月額費用、③コール課金型か成果報酬型の3つです。業者比較サイトなどで、費用を比較して概算しておくとよいでしょう。

 

【関連記事】

単価で比較!テレアポ代行業者のサービスの質はどう違うのか?

営業リスト作成を効率化!企業リスト業者の比較ポイントとは?

テレアポ代行会社の選び方①-成果報酬型・コール課金型・時間貸し型-

BtoB専門のテレアポ代行のご案内

弊社は従量課金のテレアポ代行を承っております。
お客様の営業状況をヒヤリングし、テレアポのリスト作成からテレアポの施策提案・改善などご支援致します。

  • soraプロジェクトのテレアポ代行サービス

  • ・平均アポ率4.6%

  • ・コールスタッフの平均勤務年数3年10ヶ月以上

  • ・約700万社の企業リストデータベースを無料で利用可能


テレアポ代行の料金詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*