単価で比較!テレアポ代行業者のサービスの質はどう違うのか?|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレアポ代行サービスの単価

自社だけではテレアポの数がこなせない、商談に至るアポイントが獲得できない等テレアポ上の課題に直面した場合、積極的に検討したい手段がテレアポ代行です。

しかし、内部で行っていた業務を外注する場合に気になることと言えばコストですよね。

そこで今回は、テレアポ代行の料金を比較する上で大切に料金単価とサービス内容についてわかりやすくお伝え致します。

テレアポ業者へ依頼する場合の料金目安となる「単価」について

テレアポ業者の料金体系は多くの場合、電話をかける件数1件あたりの単価で料金が設定されています。

そのため、仮に1千件のテレアポを依頼すれば単価×1千件の計算でおよその代行料金が掴めます。

次に単価例ですが1件あたりだいたい100円から300円程度ですので、テレアポ事業者は100円台、200円台、300円台のどの価格帯に属するかで区分できます。

コストだけを考えれば300円台より100円台の業者へ頼んだ方が良いとなりますが、そうシンプルに判断して良いものでしょうか。

 

単価の違いは「サービス」と「質」の違いでもある

実は単価の違いはサービス内容の違いから生じており、100円台と300円台ではサービスは同じではないのです。

例えば100円台の場合は相手が留守でも1コール行えば1件としますが、200円台は不在の場合に一度だけ追跡コールを行ったり、300円台では更に2コールから3コールほど再コールを行ったりする等、1件に対するサービス内容が充実しています。

追跡コールを行えば行うほどアポイントが実現する率も高まります。つまりサービスの「質」も向上すると言えるのです。

従って高いアポイント成約率を目指したい場合には、料金単価だけで判断してはいけないと言えます。

 

単価に対するサービス内容を見極めることが大切

ちなみに弊社は初期費用39,000円・基本料20,000円・単価300円で1件につき3コール(1500件以上ご依頼の場合は250円)という料金設定となっています。

打ち合わせを行い、日々のテレアポ状況を日報で報告する等のきめ細かな手厚いサービスを提供するため、単価300円となっています。

つまり弊社に限らず、テレアポ業者を選ぶ場合には単価の高低だけで判断するのではなく、その単価に対してどのようなサービスを提供してくれるのかその内容をよく確認、比較した上で業者選びを行うことが大切だと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

BtoB専門のテレアポ代行のご案内

弊社は従量課金のテレアポ代行を承っております。
お客様の営業状況をヒヤリングし、テレアポのリスト作成からテレアポの施策提案・改善などご支援致します。

  • soraプロジェクトのテレアポ代行サービス

  • ・平均アポ率4.6%

  • ・コールスタッフの平均勤務年数3年10ヶ月以上

  • ・約700万社の企業リストデータベースを無料で利用可能


テレアポ代行の料金詳細を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*