営業リスト作成を効率化!企業リスト業者の比較ポイントとは?|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
企業リスト作成

新規開拓営業において営業リストは売上を左右する非常に重要な要素の一つです。いかに良質のリストを時間をかけず低コストで手に入れるかを、営業マンなら悩んでいるはずです。

最近ではリスト業者が増えてきており、システムで簡単に条件を設定して検索ダウンロードができるようになっています。

ホームページを検索して1件ずつコピペや紙の企業一覧を手打ちでデータ化などは時代遅れです。

企業リスト作成ツールについてと、業者を比較するときに検討したいポイントを解説します。


リスト作成ツールのメリットは、時間がかからないというところです。
数十時間かかっていたリスト化をする必要がないので条件さえ決まってしまえばわずか数分でcsvデータとして手に入れることができます。
基本的な検索方法は、

・地域
・業種
・企業規模
・テキスト検索

といった条件を設定するだけで、ターゲットとしているリストがcsvデータでダウンロードできます。

例えば、「福岡県の製造業」のリストを取得したい場合は、

・地域     → 福岡県
・業種     → 製造業
・企業規模   → 従業員100名以上
・テキスト検索 → 食品加工

といったまとまったリストを一気にダウンロードすることができます。

リスト業者の選ぶならここを比較!!

企業リスト作成システムは便利であることはわかりましたが、業者を選ぶときは必ず確かめてから導入して欲しいポイントがあります。

どこから収集しているリストか?

リスト業者もどこからかリストを集めてきているわけですが、大きく分けて以下の3パターンがあります。

1.自社構築のデータベース
2.ポータルサイト
3.企業サイト

 

1.自社構築データベース

企業信用調査を行っていたり、法務局に登録された法人リストや有価証券報告書をデータ化したりと様々な方法でリスト化したものです。
役員の氏名など情報量多く手間がかかっている分価格は高くなります。業者によっては、安価でテレアポやDMように簡単な情報だけを載せたリストを販売しています。

 

2.ポータルサイト

iタウンページやマピオン電話帳に公開されているリストです。
業者によっては、マイナビやリクナビ、ハローワークなどのリクルートサイトや食べログなど様々なサイトからリストを収集しており、どのポータルサイトのリストを取るかによって検索効率や紐づけられた情報が違ってきます。

 

3.企業ホームページ

最近では企業ホームページの情報をリスト化している業者も出てきています。
リスト数は少なくなりますが、ホームぺージを持っている企業はすべてリスト化されていますので、ポータルサイトに掲載されていいないような企業のリストも収集することができます。これは主観ですが、比較的新しいリストの取得方法ですので、iタウンページに掲載されているようなリストよりも、プレッシャーがかかていない印象があります。

 

リストの抽出方法は自分で操作できるか?

リスト業者によっては、検索システムを提供している企業とそうでない企業があります。

検索システムをて提供していない業者は、条件を担当者に伝え、リストデータのみを購入する方式です。

ターゲットが少なかったり、業種で明確に区別できる企業はこれで構いません。

一方で、新規開拓営業を頻繁に行っていたり、ターゲットが非常に多い企業は、検索システムを提供している業者をお勧めします。

システムによっては、かなり細かく検索条件を絞り込むことができりるので、新規顧客開拓の施策に合わせてリストを抽出することで、アポ率や契約率も上がってきます。

また、使用感も大事です。検索に時間がかかったり、思ったような絞り込みができないなど相性が場合があるので、無料お試しで導入し確かめてみましょう。

料金体系

料金体系も異なります。
1.定額制
2.従量課金制

 

1.定額制

毎月取得する件数によってプラン選べます。リスト取得後には、リストの精査も必要になってくるので、余裕をもって実際に必要なリストの1.5倍くらいを見積もっておくとよいでしょう。

2.従量課金制

毎月ダウンロードする必要がないという方は、従量課金制にすると良いでしょう。

取得できるデータ

リストにどんなデータがついてくるか。基本的には、会社名や電話番号の他に企業規模を表す従業員数・資本金・年商などがあります。業者によっては、企業メールアドレスやホームページURLなども一緒にダウンロードできます。
情報が多いほど、絞り込みやすく、営業後の分析にも役立てることができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか、システムを導入するだけで、リスト作成にかかっていた時間をカットすることができ、営業の生産性を上げることができます。また、リストの絞り込み方でかなり反応が変わってきます。
是非各社比較して、無料お試しされてはいかがでしょうか?

 

 

【関連記事】
単価で比較!テレアポ代行業者のサービスの質はどう違うのか?

テレアポ・営業代行に使える!企業リストの種類とメリット・デメリット
法人営業で反応が早い新規開拓方法!まだまだ活かせるFAXDM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料利用可能:700万社の企業データベース
「スカイリスト」
業種・地域・企業規模で新規企業リストを抽出できる検索システム

soraプロジェクトのテレアポ代行をお申込みのお客様へ企業リスト抽出システムスカイリストを無料提供しております。
お客様IDを発行しますので、ご自由にリストを作成することができます。
さらに抽出したリストは無料でテレアポにご利用頂けます。

  • ・自由に企業リストを抽出できる

  • ・リストは無料で提供


スカイリストの詳細ページを見る

SNSでもご購読できます。