問い合わせメールを簡単にテレアポ用の営業リストにする方法|テレマLab

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
outlookからcsv書出しする方法

メールの本文って実はcsvに書き出してリスト化することができるんですよね。

csvにさえしてしまえば、Excelか得意な方であれば、関数やVBAを使って項目ごとに分けてデータベース化することができます。

今回は、メールをcsvで書き出す方法をご紹介します。

GmailなどのWebメーラーをご利用のかたはまず、Outlookへの動機が必要です。

その場合は下記のリンクを参照してください。

>>GmailとOutlookの同期ってどうやるの?

 

1.リスト化したいメールだけを抽出する

(1)まずリスト化したいメール専用のフォルダーを作成します。「受信トレイ」で右クリックすると⑮「フォルダーの作成」が出てくるのでわかりやすい名前を付けてフォルダー作成を完了してください。

outlookのメール書出し2

(2)「受信トレイ」を選択し、⑯「現在のメールボックスの検索」で検索したいメールに含まれる件名やメールアドレスを入力してください。ここでは、「テレアポ代行の資料請求」を抽出しました。

次に抽出したメールすべてを(1)で作成したメールフォルダーに移行します。このとき⑱のように、メールのいづれかを選択したじょうたいで、ctrlとAを同時押しで全選択することができます。全選択ができたらドラック&ドロップでフォルダーに移行します。

outlookのメール書出し3

(3) (2)で移行が完了したら、画面左上の「ファイル」をクリックし、⑲「開く/エクスポート」を選択し、⑳「インポート/エクスポート」をクリックします。

outlookのメール書出し4

(4)「インポート/エクスポート ウィザード」のウィンドウが表示されますので、㉑「ファイルにエクスポート」を選択し「次へ」をクリックします。

outlookのメール書出し5

(5)㉒「テキストファイル(カンマ区切り)」を選択し、「次へ」をクリックします。

outlookのメール書出し6

(6)エクスポートするフォルダーの選択で、㉓先ほど作成したフォルダーを選択し、「次へ」をクリックします。

outlookのメール書出し7

(7)エクスポート先のファイル名で㉓「参照」をクリックし、保存先とファイル名を確認したら「次へ」をクリックします。

outlookのメール書出し8

(8)㉔「完了」をクリックします。

以上で、メールの書き出しは完了です。

書き出されたファイルには、件名、本文、差出人、宛先、と列毎に分かれています。

outlook書出し

 

さらに資料請求メールなどを項目わけしたい方は下記のリンクを参照してください。

>>すぐできる!資料請求メールからできる「いますぐ客リスト」

【関連記事】

営業リスト作成を効率化!企業リスト業者の比較ポイントとは?

アウトバウンドテレマーケティングを代行してもらう3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料利用可能:700万社の企業データベース
「スカイリスト」
業種・地域・企業規模で新規企業リストを抽出できる検索システム

soraプロジェクトのテレアポ代行をお申込みのお客様へ企業リスト抽出システムスカイリストを無料提供しております。
お客様IDを発行しますので、ご自由にリストを作成することができます。
さらに抽出したリストは無料でテレアポにご利用頂けます。

  • ・自由に企業リストを抽出できる

  • ・リストは無料で提供


スカイリストの詳細ページを見る

SNSでもご購読できます。